アフターピルについて紹介する女性

アフターピルとは、別名緊急避妊薬と呼ばれる女性のための薬です。
妊娠を望まないために避妊具を使用したにも関わらず、その使用が適正でなく破損してしまっていた場合でも、妊娠を回避できる薬として高い効果を持ちます。
望まない妊娠をしてしまう可能性がある女性の不安を払拭させることができる、優れた医療用ピルです。

性行為の後に服用してもアフターピルが高い避妊効果を誇る理由は、高用量の女性ホルモン含有にあります。
妊娠の機序としては、精子が卵子と結合して72時間以内に妊娠が成立して生理が止まります。
アフターピルは性行為後に早めに高容量の女性ホルモンを体の中に取り入れることで、強制的に生理を引き起こします。
それにより妊娠を阻止するというものです。

万が一精子と卵子が結合してしまっていても、子宮に着床して生理が止まる7日間までに生理が起こることで、結合細胞が着床できずに妊娠が成立しないということになります。
このため、高容量ピルの避妊率は95%という高い数字を誇ります。

できるだけ早めに服用することが望ましいため、不安がある方は産婦人科で早めに処方してもらうことが重要です。
最近では医師と対面する必要のない個人輸入という薬の購入方法も人気を集めています。
海外から代行会社を通じて個人で薬を取り寄せる方法の一種です。

同性と言えども医師に処方理由を聞かれるのが恥ずかしい方や、男性から避妊に関して理解が得られず悩んでいる方など、人知れず妊娠に対する不安を抱えている方にとって強い味方となっています。
個人輸入することで、自分が常備したい分だけ購入して取り置きできることも多くの女性に支持されています。

元々アフターピルは生理不順の方が生理を起こすために用いられてきた産婦人科で処方される女性ホルモン剤で、安全性も確保されています。
普段からタバコを吸っている方は効果が薄れるため、アフターピルを服用して避妊をしたい方は禁煙を強く勧められます。
普段からタバコを吸わず健康な方は副作用も少なく高い避妊効果が得られる優れた薬です。

この薬を飲んでいれば完全に避妊を出来るわけではないので、万が一の不測の事故に備える薬として常備しつつ、複数の避妊具の使用で完全な効果を得られるようにするのが安全な避妊方法となります。

アフターピルは性行為から72時間以内に服用するべし!

何らかの事情で避妊をしないまま性行為をしてしまったといったことや、避妊具が破れてしまい避妊を失敗したということが少なからず発生します。
そんな時でも避妊する手段としてアフターピルがあります。
アフターピルを用いることで緊急避妊をすることができます。

アフターピルは、望まない妊娠をしてしまい身体に負担をかけることを防ぐことが可能です。
アフターピルを服用するためには、性行為を行った72時間以内に産婦人科の病院で診察を受けて処方をしてもらう必要があります。

アフターピルには、身体の中に含まれる女性ホルモンのうち卵胞ホルモン黄体ホルモンが含まれています。
服用をすることでホルモンの値が急激に上がり、そして急激に下がります。
急激な上がり下がりが起こることで、子宮内に作られていた血液の壁が剥がれ落ちます。
つまり、生理現象を人工的に引き起こします。
壁が剥がれ落ちることで受精卵が着床することを防ぐことになり、このことが妊娠の防止につながります。

アフターピルの効果が発揮されるのは72時間以内とされています。
72時間を超えてしまった場合や超えそうだという場合には、まずは医師に相談をする必要があります。
アフターピルを服用すると、人工的に消退出血が発生します。
消退出血はピルを服用して大体1週間から3週間の間に起こります。
起こる時期は人によって時期が違うため、妊娠検査薬などを併用して調べる必要があります。
アフターピルの服用で発生する消退出血は、生理と同じで妊娠しないために子宮内膜が剥がれ落ちた事による出血になります。
つまり、この出血が発生することは避妊に成功した証明になります。

産婦人科でも、アフターピルを取り扱っている病院と取り扱っていない病院がありますので、事前に問い合わせをして行くことが必要です。
自費負担となりますので、保険証は不要というところも多いです。

アフターピルを服用後にしない方がいいこと

基本的にしない方がいいことは3つあります。

まず一つ目は喫煙をしないことです。
普段喫煙をしない人は問題ありませんが、普段からタバコを吸う人は注意が必要です。
何故ならアフターピルは生理を起こさせることで避妊効果が期待できますが、その副作用として血栓を作るリスクが高くなります。
更にタバコを吸う人は血管の攣縮が起こりそこに高脂血症などのリスクがあり、そこから血栓症になるリスクも高くなります。
そのためにアフターピルを飲んでいない非喫煙者に比べると血栓症のリスクが高くなります。
アフターピルを飲んだ後は、禁煙した方がいいかもしれません。

次に気を付けることは飲酒です。
飲酒をすると気分が悪くなって吐いてしまう人もいますが、アフターピルを飲んで4時間以内に吐いてしまうと効果が得られないことがあります。
お酒を飲むこと自体はアフターピルに何の影響もありませんが、この吐くことが問題になります。
せっかく飲んだのに効果がなくなるのは勿体ないので注意しましょう。
また普段は飲酒をしていなくても、女性ホルモンであるアフターピルを飲むだけで気分が悪くなり吐き気がするという人もいます。

そして最後はアフターピルを飲んでいても妊娠をする可能性はあるので、避妊をしない性交渉は避けるということです。
避妊に失敗してアフターピルを飲んで妊娠を避けようとするのですから、飲んでいる最中も必ず避妊をするように気を付けなくてはいけません。
アフターピルはとても効果の高い薬なのですが、飲み方に気を付けないといけない薬でもあります。