Monthly Archive: 2018-August

アイピル
0

アフターピルのアイピルを所持しておこう!...

アイピルは世界でもっともポピュラーなアフターピルです。 経口避妊薬として主流となっている低用量ピルは、決められた用量をきちんと服用することで、効果を確実なものにします。 アフターピルはと低用量ピルは違い、緊急時の対応に使用される目的の避妊薬です。 避妊具を用いずに性交渉してしまったり、後でコンドームが破れていることに気づいたような場合に使用することで避妊することができます。 また、性的な被害に遭ってしまうなどの妊娠を望んでいないのにその可能性がある時にもアフターピルは効果的に働きます。 性的な被害に対する不安は、経験されたことのある人にしかわかりません。 アイピルを摂取することで、体内の女性ホルモンを意図的に乱して子宮内膜を強制的にはがす作用があります。 通常なら女性ホルモンは安定した状態がベストですが、受精や着床の可能性のある場合にはわざとホルモンを乱れさせて、妊娠の確率を大きく下げていきます。 いざというときに性行為の後でも妊娠を防ぐことができるので、適齢期の女性で妊娠を希望しない場合には、お守り代わりの1錠持っておくと安心といえるのではないでしょうか。 ただ、一時的とはいえホルモンバランスを大きく変えてしまうので、常に服用すると体に大きな負担をかけることになります。 なのでアフターピルを継続的に使用するのは控えましょう。 また、低用量ピルに比べると避妊成功率は低くなってしまうので、日頃は低用量ピルやその他の避妊具を使用して、もしもの時にアイピルを備えるのが良いでしょう。 アイピルは高い効果のある緊急避妊薬ですが、急激にホルモンバランスを乱すため副作用も起こりやすくなっています。 一般的な副作用として、頭痛や吐き気、下腹部痛や胸部の違和感などがあります。 これは一時的なホルモンの変化が原因で起こるものなので、通常は1日から2日の短期間で治まります。 ただ、中には重い副作用が現れる場合もあるので、その場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

医者に服用方法について聞く女性
0

アフターピルを飲んだのに避妊に失敗する人とは?...

どのような治療薬でも、100%の完璧な効果を求めるべきではありません。 一般的に避妊に失敗してしまった可能性の高い性行為をした後に服用するアフターピルも、当然その例外ではありません。 いくら高い避妊効果があったとしても、100%確実な方法では決してなく様々な失敗例も存在しているのです。 それでは具体的にアフターピルを服用したのにも関わらず、避妊に失敗してしまった事例には一体どのようなものがあるというのでしょうか。 まずアフターピルを服用したにも関わらず避妊に失敗してしまったという事例で一番多いパターンは、性行為をしてから長い時間が経ちすぎてしまっていることです。 一般的にアフターピルというのは、性行為から72時間以内に服用をしなければ十分な効果が得られないものです。 それなのに72時間を大幅に超えてしまってから服用してしまい、妊娠してしまったという声がよくあがります。 何故このような事態が多発するのかには、アフターピルを入手するタイミングにあります。 一般的にはアフターピルというのは医者の処方の元で貰います。 その際にしっかりと医者から正しい服用方法について説明を受けているはずです。 病院で処方してもらってアフターピルを服用する人というのは、性行為の後から処方してもらうため入手までに時間が経過していることが多いです。 病院ではなくて通販サイトなどで事前にアフターピルを手に入れた人の場合、避妊に失敗した疑いのある性行為の後にすぐアフターピルを服用することができます。 しかし、説明を受けていないので72時間以内に服用するという注意書きを見落としてしまっている可能性もあるので注意が必要です。 アフターピルを服用したにも関わらず避妊に失敗してしまった人というのは、正しい服用方法ができていない人だと言えます。