Category: 未分類

腹痛の女性
0

アフターピルを服用することで生理が重くなる?...

アフターピルを服用することで望まない妊娠を避けることができます。 薬効により子宮内膜を剥がして消退出血を起こすので、生理痛のような痛みが現れるのではないかと不安になる人もいるかもしれません。 実際にアフターピルを服用することで腹痛が発生した方もいます。 もし出血前に痛みが発生した場合は、月経前症候群と呼ばれるもので生理痛とは異なります。 出血後から痛みが始まる場合は生理痛になります。 どちらも女性ホルモンが関係しており、精神的な症状や腹痛などが現れるのは女性ホルモンのバランスが乱れることで発生しています。 アフターピルを服用する状況が精神的な負担になっている事も一因になっているかもしれません。 また、アフターピルの副作用によって腹痛が発生する可能性もあります。 アフターピル自体には生理痛が酷くなるような効果はありません。 また、副作用が長く続くようなこともありません。 あくまでもアフターピルを服用したことによる影響です。 アフターピルを服用することを境に生理が重くなったり、痛みが強くなってしまう人がいます。 これは女性ホルモンのバランスが乱れたことにより発生したことが原因になります。 この場合は女性ホルモンのバランスを整えるように意識することで改善されます。 もし生理痛が激しくなったりした場合は、生活習慣を見直してみましょう。 アフターピルを継続して服用することは身体にいいことではありません。 あくまでも避妊に失敗してしまったり性被害にあった時などの、望まない妊娠を避けるために使用することをオススメします。 アフターピルを常用しないためにも、低用量ピルを使ってみるのもいいかもしれません。 低用量ピルには避妊効果以外にも、女性にとって嬉しい効果が沢山得られます。

不正出血の疑いがある女性
0

不正出血が起こることもあるので注意しよう!...

アフターピルを服用すると、生理なのか不正出血なのかわからなくて困っているという女性も多くいます。 基本的には膣内射精をした72時間以内にアフターピルを服用することで精子が子宮内に着床することを防いでくれるので、出血があってもそれは消退出血であり不正出血とは異なることが多いようです。 ただし、アフターピルを服用するタイミングによって出血の原因も異なることがありますので注意しましょう。 女性の中には体質的に排卵の際に、少量の出血をする方も存在します。 これは排卵出血と呼ばれるもので、排卵時に子宮内膜の毛細血管が切れるのが原因だと言われています。 排卵時に出血してしまう女性が排卵日近くにアフターピルを服用することによって、排卵時の出血なのか消退出血なのかわからなくなることがあります。 アフターピルを服用すると3日から1週間程度で、消退出血と呼ばれる出血が発生する女性が多いです。 この消退出血が不正出血である可能性もあるので、必ず避妊に成功したとは言えません。 その後に消退出血以外で予定日に生理が来た場合は、避妊が成功したと考えることができます。 ただし、予定日以降に来た場合に関しては、着床出血の可能性も否定はできません。 出血が生理によるものなのか着床によって起きているのかを確認するには、妊娠検査薬を使用して検査をする必要があります。 検査薬では不安という方は産婦人科で検査をしてもらうことをオススメします。 女性の多くは自分の生理周期や排卵日などを把握している人が多いようですが、それでも排卵日が予想と違ってしまうことは良くある話です。 日頃から自分の生理周期を確認しておくこと、ズレが生じていないか排卵日チェッカーなどを使用して確認しておくことも大切です。

病院で見てもらう女性
0

生理痛を緩和するコンディショニング法とは?...

最近の女性にとっては非常に大きな問題となっているのが、生理が来たときに非常に症状が重い人です。 貧血になって倒れてしまったり頭が痛くなって仕事や勉強ができなくなったり、さらには出血がひどくなって倒れてしまう人もいます。 そのため自分の症状をしっかりとおさえておくことで、事前にケアしておくことが大切になってきます。 あまりにも症状が重い人にとっては病院で診てもらうのも一つの方法です。 これまで生理痛に関しては様々な症例が集まってきており、患者の症状のタイプによってどのように処置していけば良いのかもしっかりと説明してくれるようになりました。 きっちりと対応することでより生理痛をやわらげることができるようになります。 最近の医師界隈にとっても非常に重要視しているのが、患者がどのようなことが原因で生理痛がひどくなっているかを探ることにあります。 アフターピルなどを飲んで症状が和らぐことがありました。 ですが、身体がその状態になれてくるとだんだんとアフターピルが効かなくなることがあります。 なので、そのような場合には生理痛がひどい原因をしっかりと突き止めて原因究明をしてあげる必要があります。 その中の一つの方法としてコンディショニング法と呼ばれるものがあります。 アフターピルを飲んで症状が軽くなった後にしっかりと原因を探ることで、今後生理痛がひどくならないように根本的に解決することがコンディショニング法を使う理由の一つとなります。 しかし、最近の女性はアフターピルを飲んだ後に症状が軽くなるとそのまま放置してしまうこともよくあります。 生理痛はしっかりと対処しておくことが大切になります。 そのため、アフターピルを飲んだ後に病院にいって経過報告をすることも大切になってきます。

薬
0

アイピルは他の薬と併用できるのか?...

妊娠は女性にとって一大イベントですが、身体的には大きな負担にもなります。 計画的な妊娠ならともかく望まない妊娠をしてしまうと、身体だけでなくその後の人生にも悪い影響がでてしまいかねません。 そのような事態にならないようにするための薬がアフターピルのアイピルです。 アイピルはいわゆる緊急避妊薬で、コンドームが破けるなど避妊に失敗したときや性的な被害に遭った時などに用いられる薬です。 アイピルは排卵を止めたり、受精卵の子宮内膜への着床を防ぐことで避妊効果を得ます。 その効果は高く性行為から24時間以内に服用すれば95%以上、72時間以内であれば75%の確率で妊娠を防ぐことができるとされています。 ただし女性の身体への負担はかなり大きくなりますので、やはりこの薬は緊急避難的な目的で使うものであり、むやみやたらに飲み続けていいものではありません。 またアイピルはほかの薬と併用することで、避妊効果が下がってしまうこともあります。 例えば結核の症状に使われている薬やてんかんの治療に用いられている薬は、アイピルと併用すると避妊効果が薄れてしまいます。 さらにアイピルを服用することで身体に大きな影響が出る場合もあります。 特に肝機能障害を患っている人や妊娠中の人はこの薬は禁忌となっています。 心臓や腎臓に持病を抱えている人もアイピルの使用には注意が必要です。 最近はアイピルをインターネットを通じて簡単に購入できるようになりました。 万が一の事態に備えて常備しておくこと自体は全く問題ありません。 しかし上記に記したように、ほかの薬と併用したり何らかの持病を抱えていることで状態が悪化してしまうリスクも存在します。 まずは医療機関を受診して医師の説明をしっかりと受けてから利用を始めたほうがいいでしょう。

アイピル
0

アフターピルのアイピルを所持しておこう!...

アイピルは世界でもっともポピュラーなアフターピルです。 経口避妊薬として主流となっている低用量ピルは、決められた用量をきちんと服用することで、効果を確実なものにします。 アフターピルはと低用量ピルは違い、緊急時の対応に使用される目的の避妊薬です。 避妊具を用いずに性交渉してしまったり、後でコンドームが破れていることに気づいたような場合に使用することで避妊することができます。 また、性的な被害に遭ってしまうなどの妊娠を望んでいないのにその可能性がある時にもアフターピルは効果的に働きます。 性的な被害に対する不安は、経験されたことのある人にしかわかりません。 アイピルを摂取することで、体内の女性ホルモンを意図的に乱して子宮内膜を強制的にはがす作用があります。 通常なら女性ホルモンは安定した状態がベストですが、受精や着床の可能性のある場合にはわざとホルモンを乱れさせて、妊娠の確率を大きく下げていきます。 いざというときに性行為の後でも妊娠を防ぐことができるので、適齢期の女性で妊娠を希望しない場合には、お守り代わりの1錠持っておくと安心といえるのではないでしょうか。 ただ、一時的とはいえホルモンバランスを大きく変えてしまうので、常に服用すると体に大きな負担をかけることになります。 なのでアフターピルを継続的に使用するのは控えましょう。 また、低用量ピルに比べると避妊成功率は低くなってしまうので、日頃は低用量ピルやその他の避妊具を使用して、もしもの時にアイピルを備えるのが良いでしょう。 アイピルは高い効果のある緊急避妊薬ですが、急激にホルモンバランスを乱すため副作用も起こりやすくなっています。 一般的な副作用として、頭痛や吐き気、下腹部痛や胸部の違和感などがあります。 これは一時的なホルモンの変化が原因で起こるものなので、通常は1日から2日の短期間で治まります。 ただ、中には重い副作用が現れる場合もあるので、その場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

医者に服用方法について聞く女性
0

アフターピルを飲んだのに避妊に失敗する人とは?...

どのような治療薬でも、100%の完璧な効果を求めるべきではありません。 一般的に避妊に失敗してしまった可能性の高い性行為をした後に服用するアフターピルも、当然その例外ではありません。 いくら高い避妊効果があったとしても、100%確実な方法では決してなく様々な失敗例も存在しているのです。 それでは具体的にアフターピルを服用したのにも関わらず、避妊に失敗してしまった事例には一体どのようなものがあるというのでしょうか。 まずアフターピルを服用したにも関わらず避妊に失敗してしまったという事例で一番多いパターンは、性行為をしてから長い時間が経ちすぎてしまっていることです。 一般的にアフターピルというのは、性行為から72時間以内に服用をしなければ十分な効果が得られないものです。 それなのに72時間を大幅に超えてしまってから服用してしまい、妊娠してしまったという声がよくあがります。 何故このような事態が多発するのかには、アフターピルを入手するタイミングにあります。 一般的にはアフターピルというのは医者の処方の元で貰います。 その際にしっかりと医者から正しい服用方法について説明を受けているはずです。 病院で処方してもらってアフターピルを服用する人というのは、性行為の後から処方してもらうため入手までに時間が経過していることが多いです。 病院ではなくて通販サイトなどで事前にアフターピルを手に入れた人の場合、避妊に失敗した疑いのある性行為の後にすぐアフターピルを服用することができます。 しかし、説明を受けていないので72時間以内に服用するという注意書きを見落としてしまっている可能性もあるので注意が必要です。 アフターピルを服用したにも関わらず避妊に失敗してしまった人というのは、正しい服用方法ができていない人だと言えます。

ヤッペ法とノルレボの違いについて考える女性
0

ヤッペ法とノルレボの違いとは?...

アフターピルはヤッペ法とノルレボに分けることができます。 ヤッペ法は中用量ピルを利用して、ホルモン値を急上昇させてから一気に下降することで子宮内膜をはがして受精卵が着床するのを防ぎます。 ヤッペ法はノルレボが新しいアフターピルとして認可されるまではアフターピルの主流となっていました。 ヤッペ法には成分として卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方が配合されており、生理不順などの月経トラブルの治療に使われています。 ヤッペ法はノルレボより安価で購入しやすいですが、含まれているホルモン量が多いことから個人差はあるものの副作用が出てしまうことがあります。 ヤッペ法の緊急避妊を失敗する確率は3.2%ほどですが、排卵日が近いなどのいわゆる危険日付近の場合は45%ほどが妊娠してしまうことがあるといわれています。 ノルレボは2011年に認可されたばかりのアフターピルです。 成分は黄体ホルモンだけなので、これまで使われていたアフターピルよりは副作用が出てしまう確率は少ないと言われています。 また緊急避妊率も高く約80%ほどとされています。 失敗する確率はわずか1.1%ですが、危険日付近だと例え飲んでも約15%は妊娠してしまう確率があります。 アフターピルは緊急避妊薬として知られていますが、その成功率は決して100%ではありません。 服用してから3日から3週間以内に生理がきた場合、アフターピルが効いて避妊に成功したと言えます。 しかし、もし服用してから3週間たっても生理がこなかった場合は、妊娠している可能性があるため妊娠検査薬などで検査をしてみる必要があります。 そして服用後3日以内に出血があった場合は、婦人科系の病気が原因になっているか以前の性交渉による妊娠や子宮外妊娠の可能性もあります。 さらに着床出血・排卵出血という可能性もあり、できれば婦人科に相談してみるほうが良いでしょう。

性行為中のカップル
0

アフターピルは本当に必要なもの?...

最近ではコンドーム以外にもピルを利用した避妊方法をとりながら恋人同士や夫婦同士の健全なセックスライフを行っている人達が増えてまいりました。 まだ妊娠を望まない二人だけの時間を過ごしたいカップル達にとって、いかに成功率の高い避妊方法を取り入れていくことが出来るかは、まさに死活問題だと言えます。 しかし普段の性行為でコンドームやピル等をしっかりと使用して完璧に避妊をしていたつもりでも、意外と避妊できていないケースがあります。 コンドームの装着方法に問題があったりピルを飲み忘れてしまっていたなどの理由で、しっかり避妊が出来ていなかったというケースが挙げられます。 これらは誰しもが経験したことのあると言っても過言ではない程、非常に多いことなのです。 そしてこのような件で避妊に失敗してしまったカップル達の救世主とも言える存在がアフターピルです。 アフターピルの必要性については多くの人達が認識しています。 人間である以上避妊に失敗してしまうことは誰にでもあるという理由から、アフターピルのような事後に避妊を成功させることの出来る薬の必要性を強く感じている人達は非常に多いです。 こうしたアフターピルの必要性についてしっかりと理解している人達の場合、常にアフターピルを持ち歩いているケースが多いです。 何故ならアフターピルというのは避妊に失敗してからある程度の時間内に服用しなければ効果がないものであり、避妊に失敗してから病院等に行って処方してもらうのでは遅い場合もあるからです。 なので予めアフターピルを持ち歩いていれば、万が一避妊に失敗した可能性の高い性行為をしてしまった場合でもまず安心というわけです。 このようにアフターピルは避妊を絶対に成功させたい人達にとっては、なくてはならないものです。